crep mark
crep logo
東京大学
 東京大学>>社会科学研究所>>CREP 
 〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学 社会科学研究所   CREP事務局 crep@iss.u-tokyo.ac.jp


● トップページ

 CREPとは?
● 目的
● 研究・教育 
● メンバー
● 基本文献リスト

 活動記録
● 公開セミナー
● 2007国際シンポジウム 
● 2006国際会議
● 2005ワークショップ 

 成果
● 著書・論文
● Discussion Paper
● 教育成果
● その他

 リンク 
● 国際組織
● アジア
● 欧州
● 南北アメリカ
● 概念
● 学術団体


 東アジア共同体憲章案
CREPの研究成果として、東アジア共同体憲章案に関する著書が刊行されております
『東アジア共同体憲章案:実現可能な未来をひらく論議のために』  CREPの成果として、中村民雄須網隆夫臼井陽一郎佐藤義明『東アジア共同体憲章案:実現可能な未来をひらく論議のために』(昭和堂,2008)が出版されました。目次はこちらです。

 季論21秋号(本の泉社)183-185頁(2008)にジャーナリスト三浦一夫氏による書評が掲載されました。new


 Research Series
CREPの研究成果としてResearch Series No.20, 24, 28が刊行されております
ISS Research Series  Tamio Nakamura (ed.), Future East Asian Regionalism: Proposal for an East Asian Charter No.28 (Institute of Social Science, University of Tokyo, February 2008) 120pp

 Tamio Nakamura (ed.), The Dynamics of East Asian Regionalism in Comparative Perspective, ISS Research Series No.24 (Institute of Social Science, University of Tokyo, February 2007) 276pp

 Tamio Nakamura (ed.), Designing the Project of Comparative Regionalism, ISS Research Series No.20 (Institute of Social Science, University of Tokyo, March 2006) 110pp

 Social Science Japan
CREPの研究成果としてSocial Science Japan No.38が刊行されております
Social Science Japan No. 38 (March 2008)  東大社研のNewsletterであるSocial Science Japan No. 38 (March 2008) が、東アジア共同体憲章特集として刊行されております。目次はこちら、ダウンロードはこちらです。new


 著書・論文
CREPメンバーによるCREP関連の著書・論文が刊行されております
清水一史「東アジアの地域経済協力とASEAN憲章」韓国経済研究7号39-53頁(2008年)new

同「世界経済の構造変化とASEAN」經濟學研究58巻3号383-394頁(2008年)new

同「東アジアの地域経済協力とFTA―ASEAN域内経済協力の深化と東アジアへの拡大」Discussion Paper Series 1-18頁(Faculty of Economics, Kyushu University、2007年)

Kazushi Shimizu, The First East Asia Summit (EAS) and Intra-ASEAN Economic Cooperation, Economic Journal of Hokkaido University, Vol.35, October 2006, pp.131-145.

関沢洋一『日本のFTA政策:その政治過程の分析(ISS Research Series No.26)』(東京大学社会科学研究所、2008年)

丸川知雄「東アジアの経済統合と技術標準の問題」『日中韓FTA−その意義と課題』78-102頁(日本経済評論社、2008年)所収

© Copyright© Institute of Social Science, The University of Tokyo. All rights reserved.