研究分担 自由化と危機の国際比較 トップ自由化と危機の国際比較 トップ



@自由化と国際機関の問題

経済のグローバル化と経済自由化の動向とくに、貿易、金融、資本取引、直接投資の自由化のプロセスとその背景について、地域横断的に研究を行なう。
主査:中川淳司(東京大学社会科学研究所)
国際機関については、もと世界銀行アジア太平洋チーフエコノミストである河合正弘と協力する。

A企業活動と民営化問題

経済のグローバル化や経済危機に対する企業の対応、企業ガバナンス問題、国営企業の民営化・株式会社化について、地域横断的な研究を行なう。
主査:末廣(東京大学社会科学研究所)
同時に所内の橘川・工藤プロジェクト(企業)と連携する。

B「生活保障システム」社会政策の問題

市場経済化、経済危機のもとで、各国・地域が直面している社会の不安定化と、それを克服するためにとられている社会政策の地域横断的な研究を行なう。
主査:小森田(東京大学社会科学研究所)
同時に所内の加瀬・原田プロジェクト(福祉国家)と連携する。
アジアについては上村泰裕が担当し、アジア経済研究所の新興福祉国家研究会とも緊密な協力をとる。