セミナーの記録と日程

全所的プロジェクト研究

第38回プロジェクト・セミナー
植民地なき帝国 ―アメリカ対外政策と地域―

2002年6月28日 ◆於:社研大会議室
◆司会:末廣 昭

第38回プロジェクトセミナーの概要 
部分をクリック--内容はPDFファイルでご覧いただけます


  植民地なき帝国 ―アメリカ対外政策と地域― 
                           
藤原帰一

 T.はじめに
     1. 9.11事件後のアメリカ 凋落か優位か
     2. 国際関係における帝国 リアリズム・リベラリズムと異なる体系
     3. 冷戦後国際政治におけるアメリカの優位 その意味
     4. 「植民地なき帝国主義」と「自由貿易帝国」
     5. 正義の戦争と自由の戦士 力と認識 社会通念と共通了解
 U.帝国と現在
     1. 帝国観念の浮上Superpower(超大国)Hegemon(覇権国)帝国
     2. 帝国の意味 多民族支配・植民地帝国・帝国主義・軍事帝国
     3. 文化的多元性の政治的制度化・国内政治と国際政治の境界の相対化
     4. 領土的支配の否定と権力行使の肯定 デモクラシーと帝国
 V.介入の系譜
     1. 紛争拡大のジレンマ 地域紛争と核使用の可能性
     2. 介入のサイクル アイゼンハワー・ケネディー カーター・レーガン
     3. 軍事秩序としての帝国 冷戦終結後の意味 権力独占・競合の不在
     4. 湾岸戦争の戦い方
     5. 介入の文化的意味付けとその変化 ブッシュからクリントンへ
 W.湾岸戦争と地域
     1. 他国協調と一方的介入 限定関与と大量動員 撤退か優位か
     2. 平和維持とアメリカ外交
 X.結び


   討論

  
  <記録:飯窪秀樹>