第二段階プロジェクト
 
第一段階: 90年代の国内政治変容 2000〜2002

『連合政権下の国内政治変化−90年代に何が、なぜ、どこまで変わったのか? 』
          
 T連合政権下の政党政治と政策過程

   1. 自民党分裂の研究   建林正彦
   2. 政党の法案支持態度の変化  増山幹高
   3. 新しい労働政治と拒否権  三浦まり
   4.地方分権改革の政治過程  曽我謙悟
   5.情報公開・行政手続規制の政策過程  伊藤修一郎

 U連合政権下の政策過程と政策変化

   6.長期経済停滞下の財政出動と構造改革  樋渡展洋
   7. 1990年代の経済規制改革 グレゴリ−・W・ノーブル(翻訳:伊藤正次)
   8. 不良債権問題と1990年代の日本の金融行政 ジェニファー・エイミックス(翻訳:杉之原真子)
   9. 日本の医療政策における連立政権の影響(1990〜2000年) ポール・タルコット(翻訳:打越綾子)
   10.連立政権下の政党行動と安全保障政策の選択  樋渡由美
 

『流動政権期の政治−連立政権下での五五年体制の変容』
                             
1. 流動政権期の政治変容-問題関心と分析成果   樋渡展洋・三浦まり
         
  I. 政党政治

   2. 政党参加-政治的領域からの退出?  山田真裕
   3. 政党配置-候補者公約による析出 品田裕
   4. 政党再編-自民党分裂の誘因  建林正彦

 II. 政局運営

   5. 国会運営-立法における多数派形成 増山幹高
   6. 政権運営-政党行動と安全保障政策 樋渡由美

 III. 行政機構

   7. 行政改革-余波か三次的変化か? 中野晃一
   8. 行政統制-上からの改革・下からの改革 伊藤修一郎
   9. 行政再編-自民党と地方分権改革 曽我謙悟

 IV. 政策対応

   10. 財政政策-景気対策と構造改革の循環 樋渡展洋
   11. 銀行政策-不良債権問題と銀行行政 ジェニファー・エイミックス
   12. 規制政策-喪失の十年か、漸進の十年か グレゴリー・ノーブル 
   13. 労働政策-新しい労働政治と拒否点 三浦まり
   14. 医療政策-連立政権の影響 ポール・タルコット