埋橋孝文 Takafumi Uzuhashi

所属と職名 日本女子大学人間社会学部教授
現在の専門 社会保障論
役割分担 福祉国家の比較論
関連リンク プロフィールへ
個人ホームページへ

関連業績一覧

(単著)『現代福祉国家の国際比較―日本モデルの位置づけと展望―』、日本評論社、217頁、1997.6.
(報告書分担執筆)家計経済研究所編『ワンペアレント・ファミリー(離別母子世帯)に関する6カ国調査』、序章(1‐18頁)、第T部第5章(69‐95頁)、第U部終章(207‐218頁)、大蔵省印刷局、1999.3.
「公的扶助制度の国際比較―OECD24ヶ国のなかの日本の位置―」、『海外社会保障研究』(国立社会保障・人口問題研究所)、No.127、72-82頁、1999.6.
”Japanese Child Support Package – A Comparative Study”, Journal of Osaka Sangyo University, Social Sciences, No.113, pp.185-200, 1999.6.
「福祉国家の日本モデル」、『経済学雑誌』(大阪市立大学)、第>99巻5・6号、104−16頁、1999.3.
”A Brief Note on Japan’s Uniqueness as a Welfare State”, Journal of Osaka Sangyo University, Social Sciences, No.111, pp.153-55, 1999.3.
「都市のなかの家族―母子家庭聞き取り調査から―」、『市政研究』(大阪市政調査会)、117号、32‐39頁、1997.10.
「アメリカ所得移転システムの特徴」、『海外社会保障情報』(国立社会保障・人口問題研究所)、115号、26‐37頁、1997.6.
”An Attempt to Place Japan on the Map of comparative Study ”, Social Policy Association News, pp.22-23, 1997.2.
”A Japanese-Type Welfare Society : A new alternative model or transitory one ? ”, Journal of Osaka Sangyo University, Social Sciences, No.104, pp.155-64, 1997.2.
「ワンペアレント・ファミリーをめぐる国際的動向と公的政策」、季刊『家計経済研究』(財団法人家計経済研究所)、33号、9‐19頁、1997.1.
「福祉国家の動態論」、季刊『家計経済研究』(財団法人家計経済研究所)、32号、33‐41頁、1996.10.